元カノとの復縁に冷却期間が必要な3つの理由 ~ 元カノ復縁コラム

元カノとの復縁に冷却期間が必要な3つの理由元カノと復縁したい

復縁したいなら冷却期間を置くべき。
このようなことを聞いたことはあると思います。
ではなぜ冷却期間が必要なのでしょうか?冷却期間を置くことは、元カノとの復縁にどんなメリットがあるのでしょうか?
その3つの理由をご紹介します。

①高ぶった感情を抑えられる

元カノとの復縁に冷却期間が必要な3つの理由

程度の差はあれ、別れるという行為は気持ちにダメージを与えます。
振られた側はもちろん振った側にもそれは残るもの。
つまりあなたも元カノも、別れによって心理的なダメージを受けているわけです。

別れのダメージはいろいろな感情に波及します。
悲しみ、怒り、憎しみ、落胆、後悔、執着、虚無感。。。本気で付き合っていたのであればなおさら、気持ちの揺れは大きくなります。

これらの感情に押されるままに復縁しようとすると、元カノ側も感情的にリアクションすることになり、かえってこじれてしまう可能性があります。

別れた後に冷却期間を置く第一のメリットは、別れた直後の高ぶった感情を抑えて冷静になれる、ということです。
自分が冷却期間を置くことは、元カノにも冷却期間をもたらすことになり、お互い別れのショックを癒す貴重な時間を設けることになります。

②別れた理由を振り返れる

元カノとの復縁に冷却期間が必要な3つの理由

自分の心変わり、元カノの浮気、別の誰かからのアプローチなど、別れに至った理由はいろいろあると思います。

お互い好きになってつきあったのになぜ別れることになったのか。
いつからうまくいかなくなったのか、そのきっかけはなんだったのか。
自分は元カノの何が気に入らなかったのか
元カノは自分の何が気に入らなかったのか

別れた理由やきっかけを振り返ることは、復縁した時に同じ過ちを繰り返さないことにつながります

同時に、うまくいかなくなりはじめてからの元カノの気持ちを想像する余裕も出てくるはずです。
冷静になって相手の気持ちを想像することは、関係修復には不可欠です。

③本当に復縁すべきかがわかる

元カノとの復縁に冷却期間が必要な3つの理由

特に元カノに振られた場合、直後はそれを受け入れられず、やりなおしたいと懇願してしまったかもしれません。
それは別れのショックに対する反作用です。

人間とは案外都合よくできているもので、時間が経つと別れのショックも和らぎ、元カノとの関係を冷静に振り返ることができるようになります。

すると、別れの直後はあんなに執着していたのに
「本当にアイツじゃなきゃダメなのか?」
という思いに至ることがあります。

「嫌いになって別れたのに、やりなおしてうまくいくのか?」
「他の誰かを見つけたほうがよくないか?」

そのような気持ちが高まって、復縁しない気持ちが固まることもあるでしょう。
大切なのはお互いが幸せになること。
そのためには必ずしも復縁しなくてもいいこともあります

まとめ:元カノとの復縁を考えるなら、一度落ち着こう

人の気持ちを落ち着かせるには、どうしても時間が必要になります。
別れた直後にすぐやりなおしたくなっても、元カノはそれを受け入れる状態にないかもしれません。
まずは一度冷静になって、自分と元カノについてもう一度考えてみることをおススメします。

>元カノとはいつ復縁できる?復縁占いで教えてもらおう